コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自由回転 じゆうかいてんfree rotation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自由回転
じゆうかいてん
free rotation

重心を支えた独楽 (こま) の回転や重力場内に投射された物体の重心のまわりの回転のように,トルク (→力のモーメント ) が働かないときの回転をいう。角運動量は大きさも方向も一定であって,この方向を不変軸という。3つの慣性主軸のまわりの回転のうち,最大および最小の慣性モーメントをもつ主軸のまわりの回転は安定であって,回転軸が少しずれてもその付近からはずれないが,中間の慣性モーメントをもつ主軸のまわりの回転は回転軸が少しずれると大きく離れようとして不安定である。前者の2つの主軸を安定な回転軸,後者の主軸を不安定な回転軸という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

自由回転の関連キーワードアインシュタイン‐ド=ハース効果コンバーチブル・プレーンシス‐トランス異性ハイブリッド航空機ラウスモデル回転翼航空機幾何異性コンベヤ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android