自縄自縛(読み)ジジョウジバク

デジタル大辞泉の解説

じじょう‐じばく【自縄自縛】

自分の縄で分を》自分の心がけ・言葉・行為のために、自由な動きがとれず苦しい立場になること。「自縄自縛に陥る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じじょうじばく【自縄自縛】

〔自分のなわで自分をしばる意〕
自分の言動が自分を束縛して、自由に振る舞えず苦しむこと。 「 -に陥る」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じじょう‐じばく【自縄自縛】

〘名〙 (自分の縄で自分を縛る意) 自分の心掛け言動によって、自分自身が動きがとれなくなり苦しむこと。
※地獄の花(1902)〈永井荷風〉四「只過失の無いやうにとばかり、自縄自縛し過ぎて居る事抔(なぞ)を」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自縄自縛の関連情報