自門(読み)ジモン

大辞林 第三版の解説

じもん【自門】

自分の一門。自分の一族。
自分の属している宗門。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じ‐もん【自門】

〘名〙
① 自分の一家、一族
※御伽草子・相模川(幸若舞曲集所収)(室町末)「しもんたもんはいさしらすゆみのまへののりうちはせひにおゐて心得かたし」 〔蘇轍‐送葆光蹇師遊廬山詩〕
② 自分の属する寺、または宗派。
源平盛衰記(14C前)一五「自門(ジモン)、他門に免(ゆる)されたる悪僧也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android