コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舂屋宗能 しょうおく そうのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

舂屋宗能 しょうおく-そうのう

1382-1456 室町時代の僧。
永徳2=弘和(こうわ)2年生まれ。曹洞(そうとう)宗。陸奥(むつ)の人。相模(さがみ)(神奈川県)最乗寺の大綱明宗(だいこう-みょうしゅう)に師事。農家で米を舂(つ)く音をきいて大悟,師より舂屋の号をあたえられる。能登(のと)(石川県)総持寺にのぼったのち最乗寺をつぎ,山内に報恩院を建立した。康正(こうしょう)2年3月19日死去。75歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

舂屋宗能の関連キーワード噩叟宗俊月窓明潭実山永秀安叟宗楞在仲宗宥室町時代即庵宗覚永徳

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android