舌代(読み)シタダイ

デジタル大辞泉の解説

した‐だい【舌代】

口で言う代わりに文書に書いたもの。多く、飲食店の品書きのはじめに記す。口上書き。ぜつだい。

ぜつ‐だい【舌代】

「申し上げます」の意で、あいさつや値段表などの初めに書く語。口上書き。しただい。
口頭で伝える代わりに書いた、短いあいさつ。
「一通の手紙を取り出して見せた。―として、…金兵衛にあてたものだ」〈藤村夜明け前

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しただい【舌代】

〔口で言うべきところを代わりに文字で示した、の意〕
飲食店などで、客に示す挨拶あいさつ・値段表などの初めに記す語。口上。口上書き。ぜつだい。

ぜつだい【舌代】

口で告げる代わりに文字で簡単に書き表したもの。口上書きや飲食店の値段表などに書く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android