コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船徳(ふなとく)

3件 の用語解説(船徳(ふなとく)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

船徳(ふなとく)

古典落語の演目のひとつ。人情ばなし「お初徳兵衛」の発端部分を独立させたものとされる。八代目桂文楽が得意とした。オチは間抜オチ。主な登場人物は、船頭、客。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふなとく【船徳】

落語。初代古今亭志ん生作の人情噺《お初徳兵衛浮名桟橋(うきなのさんばし)》の発端部分の落語化。若旦那徳さんが,道楽の末に勘当され,船宿で居候(いそうろう)をするうちに船頭になる。浅草観音四万六千日で船頭が出払ったあとに客が来て,腕の未熟な徳さんがしかたなく漕ぎ出すと,船が回ったり,石垣へくっついたり,ひどく揺れたりして客をおびやかす。やがて浅瀬に乗りあげ,一人の客が一人をおぶって陸(おか)へあがった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

船徳
ふなとく

落語。初代古今亭志ん生(ここんていしんしょう)がつくった人情噺(ばなし)『お初徳兵衛浮名桟橋(うきなのさんばし)』の発端の場が独立して一席物の落語となったもの。道楽の果てに勘当となった若旦那(だんな)の徳兵衛が、船宿の居候になっているうちに船頭になりたくなり、親方の止めるのもきかずに船頭の修業を始める。まだろくに船がこげないとき、浅草観音(かんのん)の四万六千日の日に客がくるが、船頭が出払っていたので徳兵衛が二人の客を乗せてこぎ出す。船が石垣に寄ったり、ひどく揺れたりして客が驚く。やっとのことで浅草河岸までくるが桟橋に着かない。一人の客がもう一人の客を負ぶって水の中を歩いて陸へ上がる。「おれたちは上がるけどねえ、若(わけ)え衆(し)、真っ青な面(つら)してるがいいかなぁ、しっかりおしよ、だいじょうぶかい」「お客さま、お上がりになりましたら船頭を1人雇ってください」。現行『船徳』の演出は明治時代に3代目三遊亭円遊(えんゆう)(鼻の円遊)がくふうしたものだが、8代目桂文楽(かつらぶんらく)が練り上げた。[関山和夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone