船渡(読み)ふなわたし

精選版 日本国語大辞典の解説

ふな‐わたし【船渡】

〘名〙
① 船で、人や荷物を対岸へわたすこと。また、その。わたし。わたり。わたしば。〔伊呂波字類抄(鎌倉)〕
※浮世草子・好色一代女(1686)五「すいた人も心に乗らぬ人も舟渡(フナワタ)しの岸に着迄のこころざしなり」
② 売買した商品を、港の船中まで送り届けて、その受渡しを終わること。
③ 外国貿易における取引条件の一つ「本船(ほんせん)渡し」の俗称。〔英和商業新辞彙(1904)〕

ふな‐わたり【船渡】

〘名〙 船で渡ること。また、その所。
※兼集(990頃)「あら波のかけくるにしの遠ければ風まに今日ぞふなわたりする」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

船渡の関連情報