コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船舶信号 せんぱくしんごうnaval communications

3件 の用語解説(船舶信号の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

船舶信号
せんぱくしんごう
naval communications

大別すれば信号旗による旗旒 (きりゅう) 信号,サーチライト発光信号機による発光信号,汽笛などによる音響信号,電波による無線通信がある。歴史的には紀元前 480年のサラミス海戦で信号旗を用いた例が最も古い。 11世紀にはすでにカンテラによる発光信号や,トランペットによる音響信号があった。また,旗,帆,砲も使われるようになり,1673年にはイギリスのヨーク大公によって世界最初の信号書がつくられた。 1780年にはイギリス海軍は 50種の旗を使って,330種の信号を送ることができた。 1934年になると国際通信書によって旗旒,発光,音響信号が統一され,軍艦,商船によって用いられるようになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

せんぱくしんごう【船舶信号】

船舶どうし、または船舶と陸上との間に用いる信号。無線電信のほか、発光・音響・手旗・旗旒きりゆうなどによる信号がある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone