コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船越宗舟 ふなこし そうしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

船越宗舟 ふなこし-そうしゅう

1597-1670 江戸時代前期の武士,茶人。
慶長2年生まれ。徳川家康小姓をへて寛永15年作事奉行となる。従五位下,伊予守。茶道を古田織部(おりべ),小堀遠州にまなび,片桐(かたぎり)石州とならび称された。寛文5年将軍徳川家綱に所望され,石州とともに茶をたてた。寛文10年9月1日死去。74歳。名は吉勝,永景。通称は孫市,三郎四郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

船越宗舟の関連キーワード船越伊予茶人

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android