コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良寛と子守 りょうかんとこもり

世界大百科事典 第2版の解説

りょうかんとこもり【良寛と子守】

新舞踊劇。1幕。坪内逍遥作。1929年6月東京帝国劇場初演。良寛を13世守田勘弥が演じた。作曲3世常磐津文字兵衛,3世常磐津松尾太夫。振付7世藤間勘十郎。舞台は越後の国の村はずれの地蔵堂。子ども好きの良寛が,仲間に入っていっしょに毬をついたり,月の兎の故事の話を聞かせたり,鬼ごっこをして遊ぶ。洒脱ななかに,しんみりとした人生味をたたえた作。13世守田勘弥の当り芸の一つ。【菊池 明】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

良寛と子守の関連キーワード常磐津 文字兵衛(3代目)若柳 吉蔵(1代目)若柳 吉蔵(初代)常磐津 文字翁

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android