コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良寛と子守 りょうかんとこもり

1件 の用語解説(良寛と子守の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りょうかんとこもり【良寛と子守】

新舞踊劇。1幕。坪内逍遥作。1929年6月東京帝国劇場初演。良寛を13世守田勘弥が演じた。作曲3世常磐津文字兵衛,3世常磐津松尾太夫。振付7世藤間勘十郎。舞台は越後の国の村はずれの地蔵堂。子ども好きの良寛が,仲間に入っていっしょに毬をついたり,月の兎の故事の話を聞かせたり,鬼ごっこをして遊ぶ。洒脱ななかに,しんみりとした人生味をたたえた作。13世守田勘弥の当り芸の一つ。【菊池 明】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

良寛と子守の関連キーワード寒山拾得新曲浦島新舞踊舞踊劇新舞踊劇新楽劇論新舞踊劇運動坪内士行飯塚くに鈴木筆子

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone