コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花喰鳥 ハナクイドリ

デジタル大辞泉の解説

はなくい‐どり〔はなくひ‐〕【花×喰鳥】

装飾文様の一。鳳凰(ほうおう)などの瑞鳥(ずいちょう)が花枝などをくわえたもの。ササン朝ペルシアに起源があり、日本では正倉院御物や種々の工芸品にみられ、松喰鶴などの和様化した文様をも生んだ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はなくいどり【花喰鳥】

葡萄や草花の小枝や花唐草をくわえた鳥を形どった吉祥文様。起源はペルシアにあり,ササン朝の染織の図様にあらわされている。これは葡萄の小枝をくわえ,栄光の象徴である真珠の首飾をつけた鳥の文様で,この形式が東伝し,やがてその首飾をついばんだり,さらには首飾のかわりに宝玉を華やかにつないだ綬帯(じゆたい)や美しい小枝をくわえるようになる。唐朝の史書《唐会要》に出てくる〈鶻銜瑞草(かつがんずいそう)〉や〈雁銜(がんかん)綬帯〉の文様はこうした花唐草や綬帯をついばむ鳥獣をあらわしたものである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はなくいどり【花喰鳥】

装飾文様の一類型。鳳凰ほうおうや鶴などの瑞鳥ずいちようが花枝や松の枝などをくわえた姿を描く文様。日本では正倉院御物をはじめ各種の工芸品の装飾に用いられた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

花喰鳥の関連キーワード高岡 智照松喰鶴文高岡智照

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android