花山信勝(読み)はなやま しんしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

花山信勝 はなやま-しんしょう

1898-1995 昭和-平成時代の仏教学者,僧。
明治31年12月3日生まれ。東京帝大在学中,石川県金沢の生家,浄土真宗本願寺派の宗林寺をつぐ。日本仏教史を専攻し,昭和10年「聖徳太子御製法華経義疏の研究」で学士院恩賜賞。21年東京帝大教授。巣鴨拘置所教誨(きょうかい)師として,東条英機らA級戦犯7人の処刑にたちあった。平成7年3月20日死去。96歳。著作に「平和の発見―巣鴨の生と死の記録」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

花山信勝
はなやましんしょう
(1898―1995)

仏教学者、浄土真宗の僧。日本仏教とくに聖徳太子研究で著名。第二次世界大戦戦犯教誨師(きょうかいし)。金沢に生まれる。東京帝国大学文学部卒業、同大学院修了後、英・独・仏に留学。1959年(昭和34)東大を定年退官。聖徳太子奉賛(ほうさん)会の研究報告『聖徳太子御製 法華義疏(ほっけぎしょ)の研究』により1935年(昭和10)学士院恩賜賞受賞。1946年より3年半巣鴨(すがも)プリズン教誨師を務め、東条英機(とうじょうひでき)らA級7戦犯、B・C級戦犯の教誨にあたり、処刑に立ち会い、その記録『平和の発見』(1949)を刊行した。1959年より約10年、北米仏教団総長、加奈陀(カナダ)仏教団総長、北米仏教研究所長を務めた。著書に『勝鬘経義疏(しょうまんぎょうぎしょ)の上宮王撰(せん)に関する研究』、『三経義疏』や『往生要集』の校訳、その他がある。東大名誉教授、文学博士。[田村晃祐]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android