コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花山院定雅 かざんいん さだまさ

1件 の用語解説(花山院定雅の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

花山院定雅 かざんいん-さだまさ

1218-1294 鎌倉時代の公卿(くぎょう)。
建保(けんぽ)6年生まれ。花山院忠経の3男。文暦(ぶんりゃく)元年(1234)参議となり,建長4年内大臣,右大臣にすすむ。正二位。和歌にたくみで「続後撰和歌集」「続古今和歌集」などに歌がおさめられている。永仁(えいにん)2年2月30日死去。77歳。号は粟田口入道,後花山院

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

花山院定雅の関連キーワード忽必烈忽必烈・忽比烈長谷部信連楠木正成ベーコンボニファチウス大慈寺マジャパイト妙成寺牧谿

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone