コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花柳寿輔(1世) はなやぎじゅすけ[いっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

花柳寿輔(1世)
はなやぎじゅすけ[いっせい]

[生]文政4(1821).2.19. 江戸
[没]1903.1.28. 東京
日本舞踊花柳流家元。6歳で歌舞伎舞踊の4世西川扇蔵に入門。8歳で7世市川団十郎門弟となったが,天保 10 (1839) 年振付師を志して,扇蔵のもとに帰り,西川芳次郎と改名。市村座の座元市村羽左衛門に認められ,同座の振付師となった。嘉永2 (49) 年花柳芳次郎を名のり,花柳流を樹立。翌年寿助と改称万延1 (60) 年寿輔と改称。7世団十郎と河竹黙阿弥知遇を得て,幕末から明治中期まで江戸歌舞伎の振付師の代表として活躍したが,9世団十郎と不和になり,晩年は不遇であった。代表作は『勢獅子』『土蜘』など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

花柳寿輔(1世)の関連キーワード歌舞伎舞踊

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android