コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勢獅子 きおいじし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勢獅子
きおいじし

歌舞伎舞踊曲。常磐津。本名題『勢獅子劇場花篭 (きおいじしかぶきのはなかご) 』。別称『曾我祭』。嘉永4 (1851) 年江戸中村座で『世界花小栗外伝 (せかいをはなおぐりがいでん) 』の2番目大切所作事として初演。3世瀬川如皐作,4世岸沢式佐作曲,1世花柳寿輔ほか振付。宝暦年間 (1751~64) 以降,江戸三座では春狂言の曾我物が繁盛し,5月まで続演されると,5月 28日の討入りの日に曾我祭 (座中総出の群舞) を慰霊として行なった。本作は,久しく絶えていたこの行事の趣向を巧みに取入れ,鳶 (とび) と芸者を曾我兄弟,虎,少将に見立てて,獅子舞ひょっとこ踊りをからめ,所作事として復活させたもの。慶応3 (1867) 年の再演以降,山王祭が背景となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きおいじし〔きほひジシ〕【勢獅子】

歌舞伎舞踊。常磐津(ときわず)。本名題「勢獅子劇場花罾(きおいじしかぶきのはなかご)」。3世瀬川如皐(せがわじょこう)作詞、5世岸沢式佐作曲、花柳寿輔振り付け。嘉永4年(1851)江戸中村座初演。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

勢獅子【きおいじし】

常磐津節の曲名。3世瀬川如皐作詞,5世岸沢式佐作曲。1851年初演。にぎやかな江戸前の舞踊曲。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きおいじし【勢獅子】

歌舞伎舞踊。常磐津。本名題《勢獅子劇場花罾(きおいじしかぶきのはなかご)》。1851年(嘉永4)4月江戸中村座で4世市川小団次,初世坂東竹三郎(のちの5世彦三郎),3世岩井粂三郎(のちの8世半四郎),2世尾上菊次郎ほかにより初演。作詞3世瀬川如皐(じよこう)。作曲4世岸沢式佐。振付初世花柳寿輔,3世藤間勘十郎。《曾我祭》の通称がある風俗・祭礼物の一種。男女の手古舞や芸者が大ぜい出て,木遣りから曾我夜討の物語,おどけ節などあって,2人の獅子舞となる威勢のよい江戸前の踊りである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きおいじし【勢獅子】

歌舞伎舞踊の一。常磐津ときわず。本名題「勢獅子劇場花罾かぶきのはなかご」。三世瀬川如皐じよこう作詞。1851年初演。曽我祭の趣向に石橋しやつきようの獅子を取り入れたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

勢獅子
きおいじし

歌舞伎(かぶき)舞踊。常磐津(ときわず)。本名題(ほんなだい)『勢獅子劇場花(かぶきのはなかご)』。3世瀬川如皐(じょこう)作。5世岸沢式佐(しきさ)作曲。初世花柳寿輔(はなやぎじゅすけ)振付け。1851年(嘉永4)4月、江戸・中村座で4世市川小団次、坂東(ばんどう)竹三郎(5世彦三郎)らにより初演。江戸歌舞伎の年中行事、春の曽我(そが)狂言の当り祝いとして催された「曽我祭」を舞台に、鳶頭(とびがしら)2人が芸者や鳶たちをあしらって踊るもので、曽我兄弟の夜討ちの物語、「おどけ節」を使ったぼうふら踊り、獅子頭(ししがしら)をかぶっての勇壮な狂い、ひょっとこ踊りなど、内容は変化に富む。幕末から、背景を山王(さんのう)祭に改定。江戸情緒豊かな「祭礼物」の代表作として今日も流行している。[松井俊諭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

勢獅子の関連キーワード坂東三津五郎(10代目)花柳寿輔(1世)岸沢式佐(5代)瀬川如皐(3世)花柳寿輔(初代)歌舞伎舞踊常磐津節獅子物曽我祭

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

勢獅子の関連情報