花柳 寿太郎(読み)ハナヤギ ジュタロウ

20世紀日本人名事典の解説

花柳 寿太郎
ハナヤギ ジュタロウ

大正・昭和期の日本舞踊家(花柳流)



生年
明治34(1901)年3月6日

没年
昭和42(1967)年1月25日

出生地
東京・赤坂

本名
仁科 周雄

経歴
明治の末花柳流分家徳太郎に入門、その後2代目花柳寺輔に師事、大正8年寿太郎。昭和初期、「花柳舞踊研究会」の常連として「彦根屏風」「新編曲越後獅子」「阿蘭陀万才」などに出演。寿輔一門の「二十四日会」メンバーで、常磐津による異色作「オフェリヤ」「ジキルとハイド」に次いで「ベニスの夕」「成吉思汗」などを発表。戦後には「雪おんな」「蟬丸」「義経」「醍醐の花見」などの振付発表作品があり、2代目市川猿之助一座の振付も行った。花柳流理事。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

花柳 寿太郎
ハナヤギ ジュタロウ


職業
日本舞踊家(花柳流)

本名
仁科 周雄

生年月日
明治34年 3月6日

出生地
東京・赤坂

経歴
明治の末花柳流分家徳太郎に入門、その後2代目花柳寺輔に師事、大正8年寿太郎。昭和初期、「花柳舞踊研究会」の常連として「彦根屏風」「新編曲越後獅子」「阿蘭陀万才」などに出演。寿輔一門の「二十四日会」メンバーで、常磐津による異色作「オフェリヤ」「ジキルとハイド」に次いで「ベニスの夕」「成吉思汗」などを発表。戦後には「雪おんな」「蝉丸」「義経」「醍醐の花見」などの振付発表作品があり、2代目市川猿之助一座の振付も行った。花柳流理事。

没年月日
昭和42年 1月25日 (1967年)

家族
長男=岩井 半四郎(歌舞伎俳門・岩井流宗家家元10代目)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android