ハイド(英語表記)Hyde, Charles Cheney

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイド
Hyde, Charles Cheney

[生]1873.5.22. シカゴ
[没]1952.2.13. ニューヨーク
アメリカの国際法学者。エール大学,ハーバード大学ロースクールに学び,法律実務に従事したのち,ノースウェスタン大学ロースクール,コロンビア大学 (1925~45) で国際法を教授した。常設仲裁裁判所判事,国際法学会会員,アメリカ国際法学会会長などとなり,アメリカ国務省法律顧問をしてモデル通商条約をも作成した。主著『合衆国の解釈・適用せる国際法』 International Law Chiefly as Interpreted and Applied by the United States (1922,改訂版 45) 。

ハイド
Hyde, Douglas

[生]1860.1.17. ロスコモン
[没]1949.7.12. ダブリン
アイルランドのナショナリスト,学者,作家。アイルランド独立運動の中枢にあって活躍,ゲール語同盟初代総裁,アイルランド共和国初代大統領 (1938) をつとめた。著書に『コンノートの恋歌』 The Love Songs of Connacht (1893) ,『アイルランド文学史』A Literary History of Ireland (99) など。

ハイド
hide

イギリス中世初期以来の土地保有,土地評価の単位。古代英語では higid,hid。本来自由農民の一家族の生活を支える宅地,耕地の所有およびそれに付随する牧地草地荒蕪地,森林,沼沢など共同地の用益権の総体を意味し,同時に徴税軍役など諸負担賦課の基礎的単位でもあり,ドイツのフーフェ Hufe,フランスのマンス manseに対応する。 10~11世紀頃から次第に土地面積を示す単位ともなり,地域によって大小の差が大きかったが,最も一般的には1ハイド=120エーカー (48ha) を示した。また 11世紀頃からは農奴は通常1ハイドの4分の1である1バーゲートの耕地を保有するようになった。

ハイド

スキン」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハイド
はいど
Douglas Hyde
(1863―1947)

アイルランド初代大統領(在任1938~1945)。プロテスタント教区牧師の子として生まれ、ダブリンのトリニティ・カレッジで言語学を学ぶ。1893年に「アイルランドの非イギリス化」を目標としたゲール同盟Gaelic Leagueを設立し1915年まで会長を務めた。ゲール同盟は各地でゲール語教室を開いて支持者を集め、1905年には550の支部をもつに至り、本来の目標であったゲール語の復興は達成できなかったが、文化的にはアイルランド・ルネサンス、政治的にはシン・フェインやフィニアン主義の復活など急進的ナショナリズムの再生をもたらした。1909年、ダブリンのユニバーシティ・カレッジで最初の近代アイルランド語教授となり、民族語の近代化と普及に努めた。[堀越 智]
『T・W・ムーディ、F・X・マーチン編著、堀越智監訳『アイルランドの風土と歴史』(1982・論創社) ▽P・B・エリス著、堀越智・岩見寿子共訳『アイルランド史―民族と階級』上下(1991・論創社) ▽上野格著「アイルランド」(松浦高嶺著『イギリス現代史』所収1992・山川出版社) ▽松尾太郎著『アイルランド民族のロマンと反逆』(1994・論創社) ▽S・マコール著、小野修編、大渕敦子・山奥景子訳『アイルランド史入門』(1996・明石書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

ハイド

生年月日:1636年6月29日
イギリスの東洋学者
1703年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ハイド

〘名〙 (hide) 隠れること。隠れる所。特に狩猟や野生動物の観察のときの、隠れ場。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハイドの関連情報