ベニス(英語表記)Bennis, Warren

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベニス
Bennis, Warren

[生]1925.3.8. ニューヨーク
アメリカの社会心理学者,経営学者。 D.マグレガーの一番弟子。ロンドン大学などで学び,1955年マサチューセッツ工科大学で博士号取得,同大学で組織心理学,経営学の講座を担当,59~67年教授をつとめる。この間ハーバード大学,ボストン大学,ローザンヌ大学 (スイス) でも講座をもち,67年からニューヨーク大学バッファロー分校学長,71年シンシナティ大学総長となる。彼は集団や組織における人間行動を研究し,組織変革研究の第一人者である。特に官僚制組織の凋落を予言し,それに代る人間中心の民主的価値体系に基づく人間組織の登場を主唱している。主著"The Planning of Change" (1961,共著) ,"Personal and Organizational Change through Group Method" (65,E. H.シャインと共著) ,『組織の変革』 Changing Organizations (66) ,"Organization Development" (69) ,"Beyond the Bureaucracy" (74) など。

ベニス

ベネチア」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界遺産情報の解説

ベニス

ベニスは、北イタリアベネト州の州で、アドリア海の最も奥まった所にある潟の上に形成された水の都です。ベニスは英語であり、イタリア語ではベネチア(ヴェネツィア)といいます。堤防のように延びるリド島によってアドリア海と隔てられ、その途中3ヵ所にある自然の水門から出入りする海水によって絶えず浄化されています。本島のすぐ南には、「サン・ジョルジョ・マッジョーレ島」「ジュデッカ島」、さらに南に下ると映画『ベニスに死す』で有名な「リド島」があります。

出典 KNT近畿日本ツーリスト(株)世界遺産情報について 情報

世界大百科事典内のベニスの言及

【ベネチア】より

…北イタリアのベネト州の州都で,アドリア海の最も奥まった所にある潟(ラグーナLaguna)の上に形成された水の都である。英語ではベニスVeniceという。人口30万6000(1994)。…

※「ベニス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベニスの関連情報