芽生生殖(読み)ガセイセイショク

デジタル大辞泉「芽生生殖」の解説

がせい‐せいしょく【芽生生殖】

無性生殖の一。母体上に小さな芽状の突起が生じて、しだいに大きくなって新個体となるもの。単細胞生物では酵母など、多細胞生物ではサンゴホヤなどにみられ、新固体が母体から離れなければ群体となる。出芽生殖。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「芽生生殖」の解説

がせい‐せいしょく【芽生生殖】

〘名〙 単細胞生物および下等後生動物にみられる無性生殖法の一つ。個体の一部から芽体を生じ、これが原個体と同様な形態となり分離独立する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の芽生生殖の言及

【出芽】より

…芽生生殖bud reproductionともいう。無性生殖の一つの型で,母体の一部が表面から突出し,突出部が発達して新個体となる増殖の方法。…

※「芽生生殖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android