コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海鞘 ホヤ

1件 の用語解説(海鞘の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほや【海鞘】

尾索綱ホヤ目の原索動物の総称。海産で汽水にも生息し、単体、または群体をつくる。単体のものは球形ないし卵形で、岩や海草に固着。体は被嚢(ひのう)で覆われ、入水孔と出水孔とが開く。幼生はオタマジャクシ形をし、尾部に脊索(せきさく)をもち、自由に泳ぐ。マボヤ・アカボヤなどは食用。 夏》「酒に―火の気なき炉に顔寄せあひ/桂郎」
[補説]その形状から「海のパイナップル」と比喩的に呼ばれる

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

海鞘の関連情報