コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海鞘 ホヤ

デジタル大辞泉の解説

ほや【海鞘】

尾索綱ホヤ目の原索動物の総称。海産汽水にも生息し、単体、または群体をつくる。単体のものは球形ないし卵形で、岩や草に固着。体は被嚢(ひのう)で覆われ、入水孔と出水孔とが開く。幼生はオタマジャクシ形をし、尾部に脊索(せきさく)をもち、自由に泳ぐ。マボヤ・アカボヤなどは食用。 夏》「酒に―火の気なき炉に顔寄せあひ/桂郎」
[補説]その形状から「海のパイナップル」と比喩的に呼ばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

海鞘 (ホヤ)

動物。海鞘亜綱の海産動物の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

海鞘の関連キーワードホヤ(海産動物)海鞘・老海鼠昭和天皇顔寄せ尾索類保夜動物脊索

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android