若山喜志子(読み)わかやま きしこ

  • わかやまきしこ
  • 若山喜志子 わかやま-きしこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1888-1968 明治-昭和時代の歌人。
明治21年5月28日生まれ。44年東京にでて太田水穂(みずほ)に師事。45年若山牧水と結婚し,2男2女の母となる。牧水の死後「創作」をついで主宰した。昭和43年8月19日死去。80歳。長野県出身。旧姓太田本名は喜志。歌集に「無花果(いちじく)」「筑摩野」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1888.5.28. 長野,広丘
[没]1968.8.19. 立川
歌人。少女時代から詩歌に親しみ,『アララギ』同人となった (1910) 。若山牧水と結婚 (12) ,歌集『無花果』 (15) を経て牧水との共著『白梅集』 (17) で認められた。夫の死後は歌誌『創作』を引継ぎ,平明着実かつ力強い抒情で牧水の歌風を継承した。ほかに『筑摩野』 (30) ,『芽ぶき柳』 (51) などの歌集がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の若山喜志子の言及

【若山牧水】より

…〈かたはらに秋ぐさの花かたるらくほろびしものはなつかしきかな〉(《路上》)。妻若山喜志子(きしこ)(1888‐1968)もすぐれた歌人として知られ,牧水没後の《創作》を主宰,1945年に及んだ。【本林 勝夫】。…

※「若山喜志子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

興行収入

観客が興行会社(劇場)に支払う入場料の合計金額を興行収入(興収)といい、この興収の中から、宣伝費などの必要経費と劇場利益を差し引いた金額を興行会社は配給会社に支払う。この配給会社に支払われる金額を配給...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android