コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若山喜志子 わかやま きしこ

美術人名辞典の解説

若山喜志子

歌人。長野県生。名は喜志。牧水と結婚し、その影響で『創作』に作品を発表した。牧水歿後、『創作』を主宰したが、のち長谷川銀作に委任した。歌集に『無花集』『白梅集』等。昭和43年(1968)歿、80才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

若山喜志子 わかやま-きしこ

1888-1968 明治-昭和時代の歌人。
明治21年5月28日生まれ。44年東京にでて太田水穂(みずほ)に師事。45年若山牧水と結婚し,2男2女の母となる。牧水の死後「創作」をついで主宰した。昭和43年8月19日死去。80歳。長野県出身。旧姓は太田。本名は喜志。歌集に「無花果(いちじく)」「筑摩野」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

若山喜志子
わかやまきしこ

[生]1888.5.28. 長野,広丘
[没]1968.8.19. 立川
歌人。少女時代から詩歌に親しみ,『アララギ』同人となった (1910) 。若山牧水と結婚 (12) ,歌集『無花果』 (15) を経て牧水との共著『白梅集』 (17) で認められた。夫の死後は歌誌創作』を引継ぎ,平明着実かつ力強い抒情で牧水の歌風を継承した。ほかに『筑摩野』 (30) ,『芽ぶき柳』 (51) などの歌集がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の若山喜志子の言及

【若山牧水】より

…〈かたはらに秋ぐさの花かたるらくほろびしものはなつかしきかな〉(《路上》)。妻若山喜志子(きしこ)(1888‐1968)もすぐれた歌人として知られ,牧水没後の《創作》を主宰,1945年に及んだ。【本林 勝夫】。…

※「若山喜志子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

若山喜志子の関連キーワード若山 喜志子昭和時代潮みどり明治歌人詩歌

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android