コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若山喜志子 わかやま きしこ

3件 の用語解説(若山喜志子の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

若山喜志子

歌人。長野県生。名は喜志。牧水と結婚し、その影響で『創作』に作品を発表した。牧水歿後、『創作』を主宰したが、のち長谷川銀作に委任した。歌集に『無花集』『白梅集』等。昭和43年(1968)歿、80才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

若山喜志子 わかやま-きしこ

1888-1968 明治-昭和時代の歌人。
明治21年5月28日生まれ。44年東京にでて太田水穂(みずほ)に師事。45年若山牧水と結婚し,2男2女の母となる。牧水の死後「創作」をついで主宰した。昭和43年8月19日死去。80歳。長野県出身。旧姓は太田。本名は喜志。歌集に「無花果(いちじく)」「筑摩野」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

若山喜志子
わかやまきしこ

[生]1888.5.28. 長野,広丘
[没]1968.8.19. 立川
歌人。少女時代から詩歌に親しみ,『アララギ』同人となった (1910) 。若山牧水と結婚 (12) ,歌集『無花果』 (15) を経て牧水との共著『白梅集』 (17) で認められた。夫の死後は歌誌『創作』を引継ぎ,平明着実かつ力強い抒情で牧水の歌風を継承した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の若山喜志子の言及

【若山牧水】より

…〈かたはらに秋ぐさの花かたるらくほろびしものはなつかしきかな〉(《路上》)。妻若山喜志子(きしこ)(1888‐1968)もすぐれた歌人として知られ,牧水没後の《創作》を主宰,1945年に及んだ。【本林 勝夫】。…

※「若山喜志子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

若山喜志子の関連キーワード長野日報塩尻短歌館長野県塩尻市広丘堅石長野県塩尻市広丘郷原長野県塩尻市広丘高出長野県塩尻市広丘野村長野県塩尻市広丘原新田長野県塩尻市広丘吉田長野県長野市南長野

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone