コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若桜部五百瀬 わかさくらべの いおせ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

若桜部五百瀬 わかさくらべの-いおせ

?-696 飛鳥(あすか)時代の官吏。
壬申(じんしん)の乱で大海人(おおあまの)皇子(天武天皇)が吉野宮から東国へのがれたとき舎人(とねり)としてしたがった。天武天皇13年臣(おみ)から朝臣(あそん)に改姓される。持統天皇10年死去。壬申の乱のときの功により直大壱(じきだいいち)をおくられた。氏(うじ)は稚桜部とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

若桜部五百瀬

没年:持統10.9(696)
生年:生年不詳
壬申の乱(672)で活躍した大海人皇子(のちの天武天皇)の舎人。稚桜部とも書き,姓は臣,天武14(685)年11月の改姓で朝臣。天武1(672)年6月,皇子が吉野(奈良県吉野町)から東国に向かったときに皇子に従った二十数名の舎人のひとり。土師馬手と共に東山道の軍を発するために派遣された。死没時,直大壱を贈られ,大宝1(701)年7月,功封80戸のうち4分の1を子に伝えることを許された。<参考文献>直木孝次郎『壬申の乱』

(狩野久)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

若桜部五百瀬の関連キーワード直木孝次郎

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android