コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高市皇子 たけちのおうじ

7件 の用語解説(高市皇子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高市皇子
たけちのおうじ

[生]白雉5(654)
[没]持統10(696).7.10.
天武天皇の第1皇子。母は胸形君徳善の娘,尼子娘 (あまこのいらつめ) 。壬申の乱には,大海皇子 (天武天皇) のもとに走り,軍を統率して大いに活躍。持統3 (689) 年皇太子草壁皇子が死ぬと,翌年太政大臣になった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たけち‐の‐みこ【高市皇子】

[654~696]天武天皇の第1皇子。壬申(じんしん)の乱に際し、天武天皇を助けて活躍。皇太子草壁皇子の死後、太政大臣。万葉集に3首の歌が伝わる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

高市皇子【たけちのおうじ】

天武天皇の長子。壬申(じんしん)の乱に天武の軍を率いて活躍。草壁(くさかべ)皇子の死後,690年太政(だいじょう)大臣となり,持統天皇を助けて政治を行った。万葉集に作歌3首がある。
→関連項目太政大臣

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高市皇子 たけちのおうじ

654-696 飛鳥(あすか)時代,天武天皇の皇子。
白雉(はくち)5年生まれ。母は胸形尼子娘(むなかたの-あまこのいらつめ)。壬申(じんしん)の乱に際し,父大海人(おおあまの)皇子から軍の全権をゆだねられる。持統天皇4年太政(だいじょう)大臣となった。持統天皇10年7月10日死去。43歳。
【格言など】山振(やまぶき)の立ち儀(よそ)ひたる山清水酌(く)みに行かめど道の知らなく(「万葉集」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

高市皇子

没年:持統10.7.10(696.8.13)
生年:白雉5(654)
7世紀後半の皇族。天武天皇と宗形君徳善の娘尼子娘の子。長屋王,鈴鹿王らの父。壬申の乱(672)に際し,父のもとにかけつけ,全軍を統帥して活躍。その様子を詠んだ柿本人麻呂の挽歌が『万葉集』巻2にある。乱後即位した天武には10人の男子が生まれ,皇位継承が問題となる。高市は長子だが,母親の身分の低さから位置は草壁皇子,大津皇子に次いだ。天武14(685)年1月,浄広弐を授けられ,朱鳥1(686)年8月草壁,大津と同額の封400戸を加増される。天武死去ののち,大津,草壁が相次いで死去し,持統天皇が即位すると,持統4(690)年7月に太政大臣。同10月に藤原宮(橿原市)の地を視察するなど,皇親の筆頭として天皇を補佐し,朝廷に重きをなした。封戸も5年1月,2000戸加増,翌年さらに2000戸加増され,5000戸にも達した。7年1月に浄広壱にまで昇ったが,10年7月死去。草壁皇子に対して 後皇子尊と尊称された。墓は『延喜式』によれば大和国広瀬郡にある三立岡墓という。奈良県広陵町に見立山の地名があるが,王墓に比定される墓はない。高階真人,永原朝臣,豊野真人の各氏の祖とされる。近年出土した長屋王家木簡から,その家政機関は高市皇子から継承した可能性が指摘されている。

(寺崎保広)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たけちのみこ【高市皇子】

654‐696(白雉5‐持統10)
天武天皇の皇子。母は胸形(むなかた)徳善の女尼子娘(あまこのいらつめ)。長屋王,鈴鹿王の父。672年(天武1)の壬申(じんしん)の乱のときには,天武の招きにより近江大津宮を脱出して,伊賀の積殖(つむえ)(現,三重県阿山郡伊賀町柘植)の山口で合流し,美濃の不破関に遣わされて軍事を総管し,大いに活躍した。高市皇子は天武の長男だったが,その母が地方豪族出身者だったため,異母弟の草壁皇子,大津皇子よりはもちろん,年少の多くの異母弟よりも下位におかれることとなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たけちのみこ【高市皇子】

654~696) 天武天皇の第一皇子。壬申の乱で活躍。皇太子草壁皇子の死後、持統天皇の太政大臣となった。柿本人麻呂にその死を悼む挽歌がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の高市皇子の言及

【田霧姫命】より

…沖島から発掘された多数の祭祀遺跡はこのことを裏づけている。3神が記紀の神話に組み込まれ,アマテラスとスサノオによって生じたとされるのも,宗像氏が天皇家と擬制的な系譜関係を結んだしるしであり,宗像氏は采女(うねめ)を貢上し,その一人は天武天皇との間に高市皇子(たけちのみこ)を生むことになる。【武藤 武美】。…

※「高市皇子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

高市皇子の関連キーワード皇族会議阿倍御主人石川王出雲狛伊勢王上毛野三千高坂王調淡海新田部皇女胸形尼子娘

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高市皇子の関連情報