高市皇子(読み)たけちのおうじ

  • たけちのみこ
  • 高市皇子 たけちのおうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]白雉5(654)
[没]持統10(696).7.10.
天武天皇の第1皇子。母は胸形君徳善の娘,尼子娘 (あまこのいらつめ) 。壬申の乱には,大海皇子 (天武天皇) のもとに走り,を統率して大いに活躍。持統3 (689) 年皇太子草壁皇子が死ぬと,翌年太政大臣になった。持統天皇を助けて政治万般にあたり,藤原京の建設にも貢献した。食封 (じきふ) も 5000戸に上り,香具山のふもとに広大な宮殿を営んだという。『万葉集』には十市皇女の死を哀傷した短歌3首が収められている。柿本人麻呂が,皇子の死をいたんだ挽歌は有名。その墓所は明らかでない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

654-696 飛鳥(あすか)時代,天武天皇の皇子。
白雉(はくち)5年生まれ。母は胸形尼子娘(むなかたの-あまこのいらつめ)。壬申(じんしん)の乱に際し,父大海人(おおあまの)皇子から軍の全権をゆだねられる。持統天皇4年太政(だいじょう)大臣となった。持統天皇10年7月10日死去。43歳。
【格言など】山振(やまぶき)の立ち儀(よそ)ひたる山清水酌(く)みに行かめど道の知らなく(「万葉集」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

没年:持統10.7.10(696.8.13)
生年:白雉5(654)
7世紀後半の皇族。天武天皇と宗形君徳善の娘尼子娘の子。長屋王,鈴鹿王らの壬申(672)に際し,父のもとにかけつけ,全軍を統帥して活躍。その様子を詠んだ柿本人麻呂の挽歌が『万葉集』巻2にある。乱後即位した天武には10人の男子が生まれ,皇位継承が問題となる。高市は長子だが,母親の身分の低さから位置は草壁皇子,大津皇子に次いだ。天武14(685)年1月,浄広弐を授けられ,朱鳥1(686)年8月草壁,大津と同額の封400戸を加増される。天武死去ののち,大津,草壁が相次いで死去し,持統天皇が即位すると,持統4(690)年7月に太政大臣。同10月に藤原宮(橿原市)の地を視察するなど,皇親の筆頭として天皇を補佐し,朝廷に重きをなした。封戸も5年1月,2000戸加増,翌年さらに2000戸加増され,5000戸にも達した。7年1月に浄広壱にまで昇ったが,10年7月死去。草壁皇子に対して 後皇子尊と尊称された。墓は『延喜式』によれば大和国広瀬郡にある三立岡墓という。奈良県広陵町に見立山の地名があるが,王墓に比定される墓はない。高階真人,永原朝臣,豊野真人の各氏の祖とされる。近年出土した長屋王家木簡から,その家政機関は高市皇子から継承した可能性が指摘されている。

(寺崎保広)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

654‐696(白雉5‐持統10)
天武天皇の皇子。母は胸形(むなかた)徳善の女尼子娘(あまこのいらつめ)。長屋王,鈴鹿王の父。672年(天武1)の壬申(じんしん)の乱のときには,天武の招きにより近江大津宮を脱出して,伊賀の積殖(つむえ)(現,三重県阿山郡伊賀町柘植)の山口で合流し,美濃不破関に遣わされて軍事を総管し,大いに活躍した。高市皇子は天武の長男だったが,その母が地方豪族出身者だったため,異母弟の草壁皇子,大津皇子よりはもちろん,年少の多くの異母弟よりも下位におかれることとなった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

天武天皇の第一皇子。母は胸形君徳善の女、尼子娘(あまこのいらつめ)。壬申の乱に天武天皇を助けて活躍した。皇太子草壁皇子の死後知太政大臣となる。「万葉集」に三首。白雉五~持統一〇年(六五四‐六九六

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

654?〜696
7世紀後期の皇族
天武天皇第1皇子。長屋王の父。壬申の乱に父とともに軍を指揮し,大友皇子を破った。のち持統天皇のとき太政大臣となった。『万葉集』に3首おさめられている。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の高市皇子の言及

【田霧姫命】より

…沖島から発掘された多数の祭祀遺跡はこのことを裏づけている。3神が記紀の神話に組み込まれ,アマテラスとスサノオによって生じたとされるのも,宗像氏が天皇家と擬制的な系譜関係を結んだしるしであり,宗像氏は采女(うねめ)を貢上し,その一人は天武天皇との間に高市皇子(たけちのみこ)を生むことになる。【武藤 武美】。…

※「高市皇子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android