コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

苦吟 クギン

デジタル大辞泉の解説

く‐ぎん【苦吟】

[名](スル)詩歌や俳句などを苦心して作ること。また、その作品。
「熱心に―して居るのに、今日は容易に句が出来ぬらしい」〈虚子俳諧師

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くぎん【苦吟】

( 名 ) スル
詩歌・俳句・文章などが、すらすらとできずに苦心すること。 「筆を捻りて頻りに-す/花柳春話 純一郎

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

苦吟の関連キーワード久・九・供・区・區・口・句・工・懼・狗・矩・苦・躯・軀・駆・駒・驅ハンク ウィリアムズ後鳥羽院宮内卿呻吟ふ宮内卿吟・銀黄景仁陳師道すめく賈島呻く姚合詩歌孟郊

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android