コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

苦菜 ニガナ

デジタル大辞泉の解説

にが‐な【苦菜】

キク科の多年草。道端などに生え、高さ約30センチ。茎は細く、葉は細長く縁に粗いぎざぎざがあり、基部は茎を包む。茎や葉に苦味のある乳液を含む。夏、黄色い小花をつける。
リンドウの古名。〈和名抄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にがな【苦菜】

キク科の多年草。山野に普通に見られる。切ると苦みのある白汁が出る。高さ約30センチメートル。根葉は倒披針形。初夏、黄色の頭花を多数つける。舌状花は普通五~七個だが変異が多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

苦菜 (ニガナ・ツワヒラクサ)

学名:Ixeris dentata
植物。キク科多年草,薬用植物

苦菜 (ニガナ)

植物。龍胆の古名

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

苦菜の関連キーワードタカネニガナ(高嶺苦菜)茶道(ちゃどう)ニガナ(苦菜)過越の祭カカリアンジャナ倒披針形舌状花頭花変異初夏苦み根葉小満荼毒山野

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android