コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜胆 りゅうたんJapanese gentiana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竜胆
りゅうたん
Japanese gentiana

漢方の生薬の一つ。トウリンドウまたはその同属植物の根茎および根をいう。中国ではすでに1~4世紀に薬として常用され,『神農本草経』には神仙家の薬効のほかに,鎮静,解熱,健胃,整腸,腸内寄生虫駆除などの薬効が列記されている。日本薬局方ではリンドウをリュウタンとして第1版以来収載し,第4版からはゲンチアナに代用しうるものと規定したが,苦味感も異なるため,現在は別途に使用している。成分はゲンチアナにほぼ等しく,主成分として苦味配糖体 gentiopicrin約2%を含み,アルカロイド gentianineを含有する。臨床的にはゲンチアナと同じく苦味健胃剤として用いられるが,漢方では消化器の充血性炎症,尿道炎,リウマチなどに病症に応じて配剤される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

りゅう‐たん【竜胆】

リンドウの根および根茎。漢方で健胃薬などに用いる。
りんどう(竜胆)」に同じ。
「山吹の打ちたる黄なる表著(うはぎ)、―の唐衣なり」〈栄花・布引の滝〉

りゅう‐どう〔‐ダウ〕【竜胆】

りんどう(竜胆)1」に同じ。
「―の露いみじう置きたるに」〈丹鶴本御堂関白集・詞書〉

りん‐どう〔‐ダウ〕【胆】

リンドウ科の多年草。山野に生え、高さ20~60センチ。葉は先のとがった楕円形で3本の脈が目立ち、対生する。秋、青紫色の鐘状の花を数個上向きに開く。根・根茎に苦味成分を含み、漢方では干したものを竜胆(りゅうたん)といい薬用。同科にはハルリンドウミヤマリンドウセンブリなども含まれる。えやみぐさ。にがな。ささりんどうりゅうたん。りゅうどう。 秋》「―の日を失ひし濃紫/誓子
襲(かさね)の色目の名。表は蘇芳(すおう)、裏は青。秋に用いる。
紋所の名。1の花や葉を図案化したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りゅうたん【竜胆】

植物リンドウ。 「 -のはな/古今 物名詞
リンドウの根及び根茎を乾燥させた生薬。健胃薬とする。

りんどう【竜胆】

〔古くは「りうだう」「りうたん」とも〕
リンドウ科の多年草。山野に生え、切り花用に改良して栽培もされる。高さ約60センチメートル。葉は披針形で対生。秋、茎頂と上方の葉腋に筒状鐘形で先が五裂する紫青色の花をつけ、日を受けて開く。根は苦みが強く、竜胆りゆうたんの名で健胃薬とされる。笹竜胆ささりんどう[季] 秋。
かさねの色目の名。表は蘇芳すおう、裏は青。秋用いる。
家紋の一。の花や葉をかたどったもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竜胆
りゅうたん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

竜胆 (リンドウ・エヤミグサ;リュウタン;リュウドウ)

学名:Gentiana scabra var.buergeri
植物。リンドウ科の多年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の竜胆の言及

【リンドウ(竜胆)】より

… 日本産のリンドウ類は,リンドウ属,タカネリンドウ属,チシマリンドウ属,サンプクリンドウ属の4属に分けられ,リンドウ属Gentiana(英名gentian)には,高山性のオヤマリンドウG.makinoi Kusn.,エゾリンドウG.triflora Pall.var.japonica (Kusn.) Hara,花が淡黄色のトウヤクリンドウG.algida Pall.(イラスト),高山性で小型のミヤマリンドウG.nipponica Maxim.,また一,二年草で草地に生えるフデリンドウG.zollingeri Fawc.(イラスト)やコケリンドウG.squarrosa Ledeb.,湿地に生育するハルリンドウG.thunbergii (G.Don) Griseb.(イラスト)などがある。 トウリンドウは根茎および根に苦味配糖体ゲンチオピクリンgentiopicrine,ゲンチアニンgentianineなどの苦味成分を含み,漢方では竜胆(りゆうたん)とよばれ,苦味健胃薬として用いられ,また他の生薬と配合して,解熱,肝炎,咽喉炎,中耳炎,高血圧,尿道炎などにも用いられる。また,ヨーロッパ原産のゲンチアナ・ルテア(単にゲンチアナともいう)G.lutea L.の根および根茎を多少発酵させたものも,苦味配糖体ゲンチオピクリンなどを含み,苦味健胃薬として消化機能低下,慢性胃炎などに用いられる。…

※「竜胆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

竜胆の関連キーワード新興芸術派・新興藝術派リンドウ(竜胆)ムシャリンドウボタン(牡丹)長谷川かな女竜胆瀉肝湯疎経活血湯新興芸術派有職模様永坂竜胆撥ねかすかな女忌挿頭華枝差し披針形立効散竜胆色笹竜胆古今名詞

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

竜胆の関連情報