コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

苦行釈迦 くぎょうしゃか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

苦行釈迦
くぎょうしゃか

苦行中のゴータマ・ブッダのこと。ゴータマ・ブッダは出家後,苦行を実行し,ブッダガヤーの菩提樹の下で悟りを開いた。絵画や彫刻の題材とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

苦行釈迦【くぎょうしゃか】

出家の後,入山して6年間苦行し,悟りを開いた釈迦の姿を描くもので,画題の一つ。髪やひげ手足つめは伸び,やせ衰えた姿,あるいは樹下に端座する姿で描かれる。伝蛇足の苦行釈迦像(真珠庵蔵)が有名。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

くぎょうしゃか【苦行釈迦】

苦行中の仏陀の姿を刻んだ仏像彫刻。また、その主題。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

苦行釈迦の関連キーワード仏像彫刻曽我蛇足主題土蔵仏陀

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android