英松(読み)えいしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

英松 えいしょう

1563-1643 織豊-江戸時代前期の僧。
永禄(えいろく)6年生まれ。浄土宗増上寺の存応に師事し,その法をうける。浅草海苔(のり)の製造で財産をきずいた小林国広にまねかれて,慶長11年江戸深川に西光寺をひらいた。寛永20年7月1日死去。81歳。三河(愛知県)出身。号は源蓮社信誉重故。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android