コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茂田七右衛門 しげた しちえもん

2件 の用語解説(茂田七右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

茂田七右衛門 しげた-しちえもん

?-1670 江戸時代前期の治水家。
祖父は上野(こうずけ)(群馬県)小幡(おばた)氏の浪人。寛永13年(1636)越後(えちご)(新潟県)高田藩にまねかれ,新田開発にあたる。正保(しょうほ)元年までに大瀁(おおぶけ)郷40ヵ村,7500石余をひらく。さらに中谷内(なかやち)36ヵ村,4000石余の開発に協力。のち同藩の新田見立(みたて)奉行となった。寛文10年死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

茂田七右衛門

没年:寛文10(1670)
生年:生年不詳
江戸初期の新田開発者。祖父は戦国末上野国宮崎(群馬県富岡市)城主小幡氏の重臣で,主家没落後浪人となり千原村(甘楽郡南牧村)に住む。寛永13(1636)年,七右衛門は越後高田藩(上越市)の要請で美守郷(新潟県中頸城郡)の低湿地開拓に当たり,日本海への湛水放流,荒地開墾,保倉川上流からの用水路開削などの難工事を克服して,正保1(1644)年までに大瀁新田40カ村7576石を開発し,その功により327石を給せられた。さらに明暦1(1655)年,大瀁新田に接する中谷内に新田36カ村4036石の造成に協力し300石増給され士格に列し,新田開発の適地を探す新田見立奉行の役についた。茂田は居住の村を出身地にちなんで千原新田と命名している。<参考文献>渡辺慶一『越後国頸城郡大瀁郷新田開発史』

(中村辛一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

茂田七右衛門の関連キーワード清水谷公松半井古仙新田開発新田義重鍬下年季市川五郎兵衛神戸信章椎名道三矢部理左衛門吉田勘兵衛

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone