茨城町(読み)いばらき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

茨城〔町〕
いばらき

茨城県中部,水戸市の南部に接する町。 1955年長岡町と上野合 (かみのあい) ,川根,沼前 (ぬまさき) の3村が合体して発足。 58年石崎村を編入。常陸台地の中央にあり,涸沼 (ひぬま) 川が流れ,東部の涸沼に注ぐ。町の中央を南北に通る国道6号線 (陸前浜街道) 沿いの長岡,小鶴,奥谷が市街地を形づくり,長岡は宿場町として発展した。米作,野菜の施設栽培,酪農が行われる。水戸市に隣接するため企業が進出,工業地帯を形成。小幡北山埴輪製作遺跡は史跡,大戸のサクラは天然記念物にそれぞれ指定されている。面積 121.58km2(境界未定)。人口 3万2921(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

茨城町の関連情報