コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

涸沼(読み)ひぬま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

涸沼
ひぬま

茨城県東部,涸沼川の下流にある湖沼日沼広沼,広浦とも称した。面積 9.35km2。周囲 22km。最大水深 6.5m。那珂川が多くの土砂を河口付近に堆積して巨大な自然堤防を形成し,涸沼川の水をせき止めて生じた湖(→堰止湖)。フナシジミ,ボラ,ハゼなど六十余種の魚介類生息。淡水性ニシンの生息地,釣りや狩猟の地としても有名。大洗県立自然公園に属する。2015年ラムサール条約に登録された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひ‐ぬま【涸沼】

茨城県水戸市南東にある堰(せ)き止め湖。周囲22キロメートル、面積9.35平方キロメートル、最大深度6.5メートル。那珂川に注ぐ涸沼川が砂州で堰き止められてできた。満潮時には海水が逆流する。富栄養湖淡水魚海水魚が生息する。ニシン生息の南限。平成27年(2015)ラムサール条約に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

涸沼【ひぬま】

茨城県水戸市街南東方にある沼。面積9.30km2。最深3.0m。那珂川の堆積物が支流涸沼川の下流部をせき止めてできたと考えられる。水位の変化が激しく,海水が逆流することもある。《常陸国風土記》の阿多可奈の湖,《将門記》の蒜間(ひるま)丿江にあたるとされ,江戸時代に漁労・水運および景勝の地として知られた。ニシン,ハゼ,ボラ,コイ,フナ等の海水・淡水魚が多く,釣場として有名。ここで初めて発見されたヒヌマイトトンボが知られ,2015年5月にラムサール条約登録湿地となった。
→関連項目茨城[町]ラムサール条約

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひぬま【涸沼】

茨城県東部の堰止湖。古くは日沼,広沼とも呼ばれた。面積8.8km2,周囲22km,最大深度3.1m。常陸(ひたち)台地内の浸食谷が,那珂川の流下した土砂で末端を埋積されて生じた湖で,涸沼川の膨大部にあたる。満潮時には那珂川を介して海水が流入する汽水湖でもある。近世に舟運に利用され,沿岸の海老沢,網掛などは中継地としてにぎわったが,湖水面は明治以来干拓が進みかなり縮小した。風景にめぐまれ,涸沼公園,キャンプ場などがあり,ハゼ,ボラ,フナなどの釣りの名所としても知られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ひぬま【涸沼】

茨城県中東部にある沼。面積8.8平方キロメートル。満潮時には鹿島灘の海水が流入する汽水湖で、釣りの名所。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔茨城県〕涸沼(ひぬま)


茨城県東部、太平洋岸の那珂(なか)川河口の南西にある海跡湖(かいせきこ)。面積9.35km2。涸沼川で海とつながる汽水湖。淡水魚・海水魚ともに種類が多く、釣り場として知られる。湖畔に涸沼自然公園やキャンプ場などの観光施設がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

涸沼
ひぬま

茨城県中東部、鉾田(ほこた)市、東茨城郡茨城町、大洗(おおあらい)町の1市2町にまたがる沼。広浦(ひろうら)ともいう。面積9.35平方キロメートル、周囲22キロメートル、最大水深6.5メートル。那珂(なか)川に注ぐ涸沼川が、出口付近を自然堤防の砂州でせき止められ、下流部が湖沼化した。富栄養湖で、満潮時には海水が流入し、海水魚と淡水魚がすむ。ニシンの遡上(そじょう)で知られ、ボラ、セイゴ、ハゼ、コイ、シジミなど年平均約3000トンの漁獲量がある。釣り客も多く、天橋立(あまのはしだて)状の砂州が延びて広浦の秋月(あきのつき)とよばれ、水戸八景の一つに数えられ、親沢(おやさわ)の砂州とともに県指定名勝になっている。また、いこいの村や老人保健センターがある休養観光地帯でもある。水戸駅より鹿島(かしま)臨海鉄道、茨城交通バスが通じる。[櫻井明俊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

涸沼の関連情報