コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

涸沼 ひぬま

7件 の用語解説(涸沼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

涸沼
ひぬま

茨城県東部,涸沼川の下流にある湖沼。日沼,広沼,広浦とも称した。面積 9.4km2。周囲 20km。最大水深 3m。那珂川が多くの土砂を河口付近に堆積して巨大な自然堤防を形成し,涸沼川の水をせきとめて生じた湖。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひ‐ぬま【涸沼】

茨城県中央部、水戸市南東にある堰(せ)き止め湖。周囲22キロメートル、面積9.35平方キロメートル、最大深度6.5メートル。那珂川に注ぐ涸沼川が砂州でせき止められてできた。満潮時には海水が逆流する。富栄養湖淡水魚と海水魚が生息する。ニシンの南限。平成27年(2015)ラムサール条約に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

涸沼【ひぬま】

茨城県水戸市街南東方にある沼。面積9.30km2。最深3.0m。那珂川の堆積物が支流涸沼川の下流部をせき止めてできたと考えられる。水位の変化が激しく,海水が逆流することもある。
→関連項目茨城[町]ラムサール条約

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ひぬま【涸沼】

茨城県東部の堰止湖。古くは日沼,広沼とも呼ばれた。面積8.8km2,周囲22km,最大深度3.1m。常陸(ひたち)台地内の浸食谷が,那珂川の流下した土砂で末端を埋積されて生じた湖で,涸沼川の膨大部にあたる。満潮時には那珂川を介して海水が流入する汽水湖でもある。近世に舟運に利用され,沿岸の海老沢,網掛などは中継地としてにぎわったが,湖水面は明治以来干拓が進みかなり縮小した。風景にめぐまれ,涸沼公園,キャンプ場などがあり,ハゼ,ボラ,フナなどの釣りの名所としても知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ひぬま【涸沼】

茨城県中東部にある沼。面積8.8平方キロメートル。満潮時には鹿島灘の海水が流入する汽水湖で、釣りの名所。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔茨城県〕涸沼(ひぬま)


茨城県東部、太平洋岸の那珂(なか)川河口の南西にある海跡湖(かいせきこ)。面積9.35km2。涸沼川で海とつながる汽水湖。淡水魚・海水魚ともに種類が多く、釣り場として知られる。湖畔に涸沼自然公園やキャンプ場などの観光施設がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

涸沼
ひぬま

茨城県中東部、鉾田(ほこた)市、東茨城郡茨城町、大洗(おおあらい)町の1市2町にまたがる沼。広浦(ひろうら)ともいう。面積9.35平方キロメートル、周囲22キロメートル、最大水深6.5メートル。那珂(なか)川に注ぐ涸沼川が、出口付近を自然堤防の砂州でせき止められ、下流部が湖沼化した。富栄養湖で、満潮時には海水が流入し、海水魚と淡水魚がすむ。ニシンの遡上(そじょう)で知られ、ボラ、セイゴ、ハゼ、コイ、シジミなど年平均約3000トンの漁獲量がある。釣り客も多く、天橋立(あまのはしだて)状の砂州が延びて広浦の秋月(あきのつき)とよばれ、水戸八景の一つに数えられ、親沢(おやさわ)の砂州とともに県指定名勝になっている。また、いこいの村や老人保健センターがある休養観光地帯でもある。水戸駅より鹿島(かしま)臨海鉄道、茨城交通バスが通じる。[櫻井明俊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

涸沼の関連キーワード堰き止湖茨城県東茨城郡茨城町大戸茨城県東茨城郡茨城町小幡茨城県東茨城郡茨城町木部茨城県東茨城郡茨城町下座茨城県東茨城郡茨城町駒場茨城県東茨城郡茨城町下土師茨城県東茨城郡茨城町鳥羽田茨城県東茨城郡茨城町野曽茨城県東茨城郡茨城町若宮

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

涸沼の関連情報