コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粋人 スイジン

デジタル大辞泉の解説

すい‐じん【粋人】

風流を好む人。優雅な、趣味の豊かな人。
遊里花柳界などの事情によく通じている人。転じて、経験を積んで世間や人情裏表をよく知っている、さばけた人。通人

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すいじん【粋人】

風流な趣味をもつ人。風流人。
世間の裏表や人情の機微に通じた、物わかりのよい人。
花柳界の事情に通じ、その方面に顔の広い人。通人。粋者。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の粋人の言及

【通】より

…それが定着するのは安永(1772‐81)末から天明期(1781‐89)に入ってのことであろう。〈通り者〉には〈気の通った人〉(粋人)の意と〈顔(名前)の通った人〉(顔役)という二義があり,宝暦(1751‐64)ころは後者の意味が強かった。そこから〈大通(だいつう)〉の語も生じ,明和・安永と盛んに〈大通〉賛美が行われたのち,反省期を迎え,天明期に入って〈大通〉のイメージの中にあった豪気さ,放胆さが消え,多分に常識的,小市民的な〈通〉の理念が生じた。…

※「粋人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

粋人の関連キーワード出・吹・垂・帥・悴・推・水・炊・睡・穂・穗・粋・粹・翠・衰・遂・酔・醉・錐・錘・陲・隧プーシキン(Aleksandr Sergeevich Pushkin)黒がる・玄がる金々先生栄花夢徳力 富吉郎粋が身を食う銀座のすずめ池田弥三郎徳力富吉郎渋沢 秀雄奥野信太郎豊見城盛綱粋を利かす侠客春雨傘吉田草紙庵穂積 重遠粋ごかし中島棕隠酒井抱一徳弘夏生

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

粋人の関連情報