草片・蔬・茸・菌(読み)くさびら

精選版 日本国語大辞典「草片・蔬・茸・菌」の解説

くさ‐びら【草片・蔬・茸・菌】

(上代は「くさひら」か)
[1] 〘名〙
① (草片・) 食用となる草。あおもの。野菜。山菜
書紀(720)持統三年正月(北野本訓)「遂にに至りて、蔬(クサヒラ)食ひて戒(いむこと)を持(たも)つ」
② (・菌) きのこ類。たけ。《季・秋》
※宇津保(970‐999頃)国譲下「おまへのくち木に生ひたるくさびらども、あつい物にさせ」
※虎明本狂言・茸(室町末‐近世初)「某がの内に、見事なくさびらが一本はへてござったほどに」
③ 獣の肉をいう斎宮の忌み詞
※延喜式(927)五「凡忌詞〈略〉外七言〈略〉宍称(くさひら)
[2] (茸・菌) 狂言。和泉流・大蔵流。庭にきのこが生えすぎて困った男が山伏祈祷を頼むが、祈れば祈るほどきのこがふえてくる。茸山伏。
[語誌]元来は、「菜一般」を指していたとされるが、中古以降は広く「きのこ」の意で用いられ、現代では「きのこ」の方言として、近畿地方を中心に限定的な分布を示している。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android