コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草薙の剣 くさなぎのつるぎ

大辞林 第三版の解説

くさなぎのつるぎ【草薙の剣】

三種の神器の一。記紀で素戔嗚尊すさのおのみことが退治した八岐大蛇やまたのおろちの尾から出たと伝えられる剣。日本武尊やまとたけるのみことが焼津の野で草を薙ぎ払ったところからの名と記紀では再解釈するが、本来は「臭蛇くさなぎ」の意か。のち熱田神宮にまつられた。天叢雲剣あまのむらくものつるぎ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

草薙の剣の関連キーワード草薙記紀

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

草薙の剣の関連情報