コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草野氏 くさのうじ

世界大百科事典 第2版の解説

くさのうじ【草野氏】

中世,肥前,筑後に勢力のあった武家。府官(大宰府官人)の出。肥後の菊池氏や肥前の高木氏と同族で本姓藤原という。肥前が本貫で松浦(まつら)党に属す。平安末期,草野永平は管内諸氏が平家与同する中でいちはやく源氏方として活動した功により,源頼朝の推挙をえて筑後在国司・押領使両職,肥前鏡社大宮司職を安堵された。《蒙古襲来絵詞》には経永(法名円種)が奮戦した様子が描かれている。南北朝期,山本郡草野城にあって当初武家方として活動したが,永行(幸)は南朝征西府の筑後進出にともない,菊池武光に従って各地を転戦した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

草野氏の関連キーワード善導寺(寺)七山[村]草野清民竹野荘上妻氏弁長高木

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

草野氏の関連情報