コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三潴 みづま

3件 の用語解説(三潴の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三潴
みづま

福岡県南西部,久留米市南西部の旧町域。筑紫平野のほぼ中央にある。 1955年三潴村と犬塚村が合体して町制。 2005年久留米市に編入。筑後川下流部の左岸に位置し,クリーク網の発達した代表的な穀倉地帯で,早くから機械化農業が行なわれ生産性が高い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三潴
みづま

福岡県南西部、三潴郡にあった旧町名(三潴町(まち))。現、久留米(くるめ)市三潴町。旧三潴町は、1955年(昭和30)三潴、犬塚(いぬづか)の2村が合併して町制施行。2005年(平成17)久留米市に編入合併。東部の低い洪積台地を除けば筑後(ちくご)川中流左岸のクリーク網の発達した低湿な沖積地が広がり、中央部を西日本鉄道天神大牟田(おおむた)線、東端をJR鹿児島本線が南北に通じる。主産業は米麦を中心とした農業で、機械化、農地の大型化が進行し、畜産も盛んである。ほかにタマネギ、イチゴなどを産し、観賞用マツが有名である。酒造業も盛んであるが、他地域への通勤者も多い。域内は国指定天然記念物のカササギ生息地で、貝塚や古墳などの遺跡が多く、北部の高三潴は弥生(やよい)式土器が出土した。[石黒正紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三潴の関連情報