コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三潴 みづま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三潴
みづま

福岡県南西部,久留米市南西部の旧町域。筑紫平野のほぼ中央にある。 1955年三潴村と犬塚村が合体して町制。 2005年久留米市に編入。筑後川下流部の左岸に位置し,クリーク網の発達した代表的な穀倉地帯で,早くから機械化農業が行なわれ生産性が高い。米作のほかイチゴ,タマネギなどの栽培,養鶏酪農も行なわれる。弥生土器の出土地としても知られ,付近に先史時代の遺跡が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

みずま【三潴】

福岡県南西部、久留米市の地名。筑後川下流左岸の沖積地で、庭園用松を多産。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三潴
みづま

福岡県南西部、三潴郡にあった旧町名(三潴町(まち))。現、久留米(くるめ)市三潴町。旧三潴町は、1955年(昭和30)三潴、犬塚(いぬづか)の2村が合併して町制施行。2005年(平成17)久留米市に編入合併。東部の低い洪積台地を除けば筑後(ちくご)川中流左岸のクリーク網の発達した低湿な沖積地が広がり、中央部を西日本鉄道天神大牟田(おおむた)線、東端をJR鹿児島本線が南北に通じる。主産業は米麦を中心とした農業で、機械化、農地の大型化が進行し、畜産も盛んである。ほかにタマネギ、イチゴなどを産し、観賞用マツが有名である。酒造業も盛んであるが、他地域への通勤者も多い。域内は国指定天然記念物のカササギ生息地で、貝塚や古墳などの遺跡が多く、北部の高三潴は弥生(やよい)式土器が出土した。[石黒正紀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

三潴の関連キーワード福岡県三潴郡大木町八町牟田福岡県三潴郡大木町絵下古賀福岡県三潴郡大木町上牟田口福岡県三潴郡大木町上木佐木福岡県三潴郡大木町三八松福岡県三潴郡大木町上白垣福岡県三潴郡大木町上八院福岡県三潴郡大木町前牟田福岡県三潴郡大木町奥牟田福岡県三潴郡大木町大角福岡県三潴郡大木町大藪福岡県三潴郡大木町侍島福岡県三潴郡大木町高橋福岡県三潴郡大木町筏溝福岡県三潴郡大木町笹渕福岡県三潴郡大木町蛭池福岡県三潴郡大木町横溝福岡県三潴郡大木町福土福岡県三潴郡大木町豪気初留取り麦

三潴の関連情報