竹野(読み)たけの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竹野
たけの

兵庫県北部,豊岡市北西部の旧町域。北部は日本海に臨む。 1957年町制。 2005年豊岡市,城崎町,日高町,出石町,但東町の1市4町と合体して豊岡市となった。南北に細長い町域の中央を竹野川が北流,その流域の狭い沖積地を除くとほとんどが山地で,農地は少ない。イカ釣りなどの漁業のほか,竹野浜は但馬海岸最大の海水浴場で民宿経営が盛ん。 1965年の但馬海岸道路の開通で東部の宇日,田久日へも通じるようになった。猫崎の猿賀島公園はサルの放し飼いで有名。海岸一帯は山陰海岸国立公園に,南部の山岳地帯は但馬山岳県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竹野
たけの

兵庫県北東部、城崎郡(きのさきぐん)にあった旧町名(竹野町(ちょう))。現在は豊岡(とよおか)市の北西部を占める一地区。1957年(昭和32)竹野村が町制施行。2005年(平成17)竹野町は豊岡市に合併。『和名抄(わみょうしょう)』の竹野(たかの)郷の地。JR山陰本線、国道178号が通じる。北部は日本海に臨み山陰海岸国立公園に属する景勝地で、海岸に沿って県道香住(かすみ)久美浜線が走る。夏の海水浴場としても有名。竹野川流域を中心とする旧町域は平地に乏しく、米作とともにブロイラー生産が盛ん。柳行李(やなぎごうり)の特産がある。[吉田茂樹]
『『竹野町史』全2冊(1990~1991・竹野町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

竹野の関連情報