コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒びる アラビル

デジタル大辞泉の解説

あら・びる【荒びる】

[動バ上一]《動詞「あらぶ」(上二段)の上一段化》
気持ちがすさむ。
「何の彼のと感情が―・びて来て仕方がないものですから」〈秋声仮装人物
暴れる。乱暴する。
「陸奥国の―・びる蝦夷(えみし)等を」〈続紀宣命・六二詔〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あらびる【荒びる】

( 動上一 )
〔上二段動詞の「荒ぶ」の上一段化〕
荒々しく振る舞う。荒れ立つ。 「陸奥国の-・びる蝦夷等を討ち治めに/続紀 延暦八宣命

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

荒びるの関連キーワード何の彼のえみし

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android