甲乙(読み)コウオツ

  • かんおつ
  • こうおつ カフ‥
  • こうおつ〔カフ〕

デジタル大辞泉の解説

十干の甲とから》
第一と第二。
二つのものの間の優劣。「甲乙をつけがたい」「甲乙を争う出来ばえ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

邦楽で、甲かんと乙おつ。かるめる。
甲と乙。第一と第二。二者間のまさりおとり。優劣。 -を争う
[句項目] 甲乙付け難い

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 甲(かん)と乙(おつ)。邦楽で高音と低音。調子の高低。かるめる。
※曲附次第(1423頃)「甲乙の位のただしきも息也」
〘名〙
① 十干の甲と乙。きのえときのと。
※小右記‐長和元年(1012)六月一六日「来十月、明年正月、四月節中、並甲乙日也」 〔礼記‐月令〕
② ものの順序にいうことば。第一と第二。また、一般に順番をいう。
※空華日用工夫略集‐嘉慶元年(1387)七月一九日「是以除普明国師之外、龍湫・性海・太清三大老、甲乙再住、或一月、或半月而各告退」
③ すぐれていることとおとっていること。まさりおとり。優劣。上下。〔兵範記‐仁安二年(1167)二月一日〕
※曾我物語(南北朝頃)一〇「源平両氏、何れかうおつ候べき」 〔後漢書‐徐防伝〕
④ 名をあげる必要のないとき、不定の事物をあげるとき、また、特定の物権などに無関係な第三者の総称としていう語。たれかれ。某々。
※令義解(833)軍防「若有先鋒甲乙斬首五級。丙丁四級」
※地蔵菩薩霊験記(16C後)五「甲乙(カウヲツ)の人参籠して同音に地蔵の名号を唱へ奉る事終夜なり」
⑤ 中国、晉代の医書である「甲乙経(こうおつきょう)」のこと。
※続日本紀‐天平宝字元年(757)一一月九日「医生者大素、甲乙、脉経本草」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

甲乙の関連情報