コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒井顕道 あらい あきみち

2件 の用語解説(荒井顕道の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荒井顕道 あらい-あきみち

1814-1862 江戸時代後期の武士。
文化11年2月21日生まれ。幕臣。天保(てんぽう)10年家督をつぎ,陸奥(むつ)塙(はなわ)(福島県),甲斐(かい)(山梨県)市川などの代官をつとめた。嘉永(かえい)6年地方の法令や慣例をあつめ「牧民金鑑」22巻をあらわした。文久2年8月11日死去。49歳。江戸出身。字(あざな)は慎士。通称は清兵衛。号は香宇,迂軒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

荒井顕道

没年:文久2.8.11(1862.9.4)
生年:文化11.2.21(1814.4.11)
江戸後期の代官。通称は清兵衛,号を香宇,迂軒。御家人荒井道貞の長男。海軍総裁矢田堀景蔵(鴻)は異母弟。早くから昌平黌に学び,和漢,蘭学も修めた。天保10(1839)年家督を継ぐ。嘉永1(1848)年小普請方より陸奥国塙(福島県塙町)代官に任ぜられ,3年甲斐国市川(山梨県市川大門町)代官となる。このとき代官の職務遂行のうえで必要な法令,先例,慣例を収めた『牧民金鑑』全22巻を編纂した(1853)。また安政1(1854)年の大地震の際救済措置を領民より感謝され生祠に祀られた。翌2年に陸奥国桑折(福島県桑折町)代官。同5年には関東代官となる。和宮降嫁に際し,接待の勤役中に急逝した。ほかに著書『香宇叢書』『迂軒雑綴』『迂軒又綴』など。墓は東京都台東区池之端2丁目の休昌院。<著作>荒井顕道編・滝川政次郎校訂『牧民金鑑』

(村上直)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の荒井顕道の言及

【牧民金鑑】より

…江戸時代農政に関する法令集。22巻。1853年(嘉永6)成立。編者は幕府代官荒井清兵衛顕道(1814‐62)。地方(じかた)支配に精通していた編者が,後進の代官執務の便宜のために,長年にわたって収集した法令・書付・達書(たつしがき)・伺書(うかがいしよ)を,御代官心得,御取箇(おとりか),新田,検地など93項目に分類整理したもので,農政の実情を知るための好資料である。1935年滝川政次郎校訂で上下2冊本が刊行され,69年復刊。…

※「荒井顕道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

荒井顕道の関連キーワードブルボン朝黒住教葛飾北斎サイゴン条約奈破崙竹垣直温エイズボル憲法ルイ[18世]ネパール戦争ノルウェー文学

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone