コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒地野菊 アレチノギク

デジタル大辞泉の解説

あれち‐のぎく【荒地野菊】

キク科の一年草。道端や荒れ地に生え、高さ30~60センチ。全体に白い毛がある。葉は灰緑色で、細い。夏、黄色を帯びた白緑色の花を総状につける。南アメリカの原産で、明治の中ごろ日本に渡来。 秋》「筑紫路は―に野分かな/石鼎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あれちのぎく【荒地野菊】

キク科の一年草。南アメリカ原産で、日本には明治中頃に渡来し、路傍に自生。高さ50センチメートルほど。葉は狭長であらい鋸歯きよしがあり、全体が灰緑色。夏、灰黄緑色で径6ミリメートルほどの頭状花が多数、総状の穂となって咲く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

荒地野菊の関連キーワードキク科頭状花自生路傍

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android