コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒川嶺雲 あらかわ れいうん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荒川嶺雲 あらかわ-れいうん

1868-1941 明治-昭和時代前期の彫刻家。
明治元年生まれ。郷里の島根県松江で荒川亀斎にまなび,24歳のとき東京にでて高村光雲に師事。シカゴ世界博覧会,パリ博覧会などに出品し賞をうける。昭和16年死去。74歳。代表作に扁額「義経高松の図」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

荒川嶺雲の関連キーワード清水宏近衛文麿内閣戊辰戦争マキノ雅広スタージェススーパースタジオ第二次世界大戦治安維持法日米交渉レジスタンス文学

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android