コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒木流 アラキリュウ

デジタル大辞泉の解説

あらき‐りゅう〔‐リウ〕【荒木流】

馬術の流派の一。室町末期の荒木元清を祖とする。
柔術の流派の一。室町末期の荒木無人斎秀縄(ひでつな)をとする。拳法・捕り手・居合・小具足などの術を含む。無人斎流。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あらきりゅう【荒木流】

馬術の一派。祖は荒木志摩守元清。室町末期に興る。
柔術の一派。祖は荒木無人斎秀縄ひでつな。拳法・小具足・捕り手・居合などの術を総合している。室町末期に興る。無人斎流。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荒木流
あらきりゅう

近世の武術流派。
(1)荒木志摩守元清(しまのかみもときよ)を祖とする馬術の流派。元清の子十左衛門元満(もとみつ)は幼少からその技の精妙をうたわれ、1615年(元和1)3月、将軍徳川秀忠(ひでただ)に召し出されて直参(じきさん)の士となり、1500石を与えられた。続く孫の十左衛門元政(もとまさ)も、よく父の遺業を継いで、3代徳川家光(いえみつ)の馬術の師を勤めた。また門下に原田権左衛門種明や一森彦三郎広有らの名手を輩出し、世に荒木流の名を高めた(『寛政(かんせい)重修諸家譜第13巻』『日本馬術史第3巻』による)。
(2)荒木又右衛門保和(やすかず)を祖とする剣術の流派。
(3)荒木無人斎秀縄(むじんさいひでつな)を祖とする拳法(けんぽう)(小具足、捕手(とりて)、居合(いあい)、棒、鎖鎌(くさりがま)などを含む)の流派。無人斎流ともいう。分派に霞(かすみ)新流、清心流、荒木新流などがある。[渡邉一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

荒木流の関連キーワード捕手術(とりてじゅつ)荒木又右衛門原田権左衛門原田七兵衛根岸松齢荒木元清居合術大坪流柔道一派馬術

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

荒木流の関連情報