コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒木田尚賢 あらきだ ひさかた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荒木田尚賢 あらきだ-ひさかた

1739-1788 江戸時代中期の神職。
元文4年9月18日生まれ。安永2年伊勢内宮権禰宜(ごんのねぎ)。賀茂真淵(かもの-まぶち)のもとで国学をまなび,のちに林崎文庫を再興し,講堂,塾舎を再建,ひろく学者に開放した。天明8年7月2日死去。50歳。本姓蓬莱(ほうらい)。通称は雅楽。号は洞屋。編著に「擬古歌集」「古謌集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

荒木田尚賢の関連キーワード蓬莱尚賢古谷久語神職

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android