コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒木田経雅 あらきだ つねただ

3件 の用語解説(荒木田経雅の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

荒木田経雅

江戸後期の国学者。伊勢の人。伊勢内宮禰宜中川経正の子。姓は中川、通称は豊後・尚侍。伊勢神宮の典故に通じ、本居宣長とも親交があり、和歌を能くした。神宮権禰宜・従五位・禰宜を経て従三位に進む。著書に『大神宮儀式解』『頭注延暦儀式帳』がある。文化2年(1805)歿、63才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荒木田経雅 あらきだ-つねただ

1742-1805 江戸時代中期-後期の神職,国学者。
寛保(かんぽう)2年9月4日生まれ。安永2年伊勢内宮の禰宜(ねぎ)。神宮の故事・慣例に通じ「大神宮儀式解」30巻をあらわす。和歌もよくし,本居宣長(もとおり-のりなが)と親交があった。文化2年3月13日死去。64歳。本姓は中川。通称は豊後。著作はほかに「清渚集」「経雅卿雑記」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

荒木田経雅

没年:文化2.3.13(1805.4.12)
生年:寛保2.9.4(1742.10.2)
江戸中期の国学者。幼名岩五郎,通称豊後,尚侍。寛保3(1743)年生年説もある。伊勢内宮禰宜中川経正の子。中川経雅とも。安永2(1773)年に内宮禰宜に補せられる。従三位。本居宣長門。伊勢神宮の典故研究の第一人者で,研鑽の成果を大著『大神宮儀式解』に結実させた。他に『清渚集』を著す。

(久保田啓一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荒木田経雅の関連キーワード北村季春羅城空二原元三鍼篠沢久敬島篆癖樗雲辻丹甫花江戸住

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone