コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒田目村喜惣次 あらためむら きそうじ

1件 の用語解説(荒田目村喜惣次の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荒田目村喜惣次 あらためむら-きそうじ

?-1739 江戸時代中期の農民。
陸奥(むつ)平藩領荒田目村(福島県いわき市)の地主。享保(きょうほう)14年(1729)過重な課税を江戸城竜ノ口評定所の目安箱に投書,越訴(おっそ)の罪で永牢(ながろう)。元文3年の農民一揆(いっき)の際,脱獄し一揆を指導。元文4年8月打ち首。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

荒田目村喜惣次の関連キーワード霊空地方財政計画景清北尾重政国見岳建部賢弘都鄙問答ひらかな盛衰記明史霊空

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone