目安箱(読み)めやすばこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

目安箱
めやすばこ

目安 (訴状) を入れる。江戸幕府8代将軍徳川吉宗享保6 (1721) 年8月に江戸城竜ノ口評定所前に設置し,民意聴取のための一施設とした。訴状によって小石川に養生所が設置され,江戸市中防火方針が決定されたりした。諸藩でも設置したところがあり,投書者は庶民,浪人に限られた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

めやす‐ばこ【目安箱】

享保6年(1721)8代将軍徳川吉宗享保の改革の一つとして評定所前に設置して庶民の進言・不満などを投書させた箱。箱は将軍の面前で開けられ、将軍が自ら開封し閲覧した。訴状箱。→箱訴
官公庁や学校などで、広く意見を募るために設置される投書用の箱。→パブリックコメント

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

目安箱【めやすばこ】

江戸時代,一般庶民の不満や要求の意見を投書させた箱。8代将軍徳川吉宗の考案によるもので,民心把握の目的で1721年江戸城竜ノ口評定所前に設置。小石川養生所の設置や,江戸市中の防火制度の整備などは,目安箱の投書に基づくものといわれる。→町火消
→関連項目享保改革

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

めやすばこ【目安箱】

江戸幕府8代将軍徳川吉宗が創設した将軍への直訴状を受理する箱。1721年(享保6)8月以降毎月3回評定所前に設置。政治上有益な意見や不満の陳述を庶民に求めた。その後京都,大坂,駿府,甲府などにも置いた。言路を開いて庶民の不満の解消をはかるとともに,将軍が直接下からの情報をにぎることによって,諸役人の監督を強化しようという意図もあった。施政上具体的に活用された意見も少なくない。【辻 達也】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

めやすばこ【目安箱】

享保の改革で将軍吉宗が評定所門前に設置した直訴状を受理する箱。毎月三回、将軍が投書を閲読した。訴状箱。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

目安箱
めやすばこ

江戸幕府8代将軍徳川吉宗(よしむね)が享保(きょうほう)の改革の一環として、将軍への直訴(じきそ)状を受理するため設けた箱。1721年(享保6)8月以降毎月三度評定所(ひょうじょうしょ)の前に置き、27年からは京都・大坂に、36年(元文1)からは駿府(すんぷ)(静岡市)・甲府にも設けた。箱は将軍の面前で錠があけられ、訴状は将軍が自ら開封し、その採否は将軍の一存によった。この箱設置の目的は、言路を開いて庶民の不満の解消を図るとともに、広く施政上有益な建言を求めること、さらに将軍が直接下からの情報を握ることによって諸役人の監督を強化し、行政機構の緊張を高めようという意図もあった。その結果は、すでにその年の秋、浪人山下幸内(こうない)が吉宗の緊縮政策を大胆に批判した上書を投じて評判になったのをはじめ、救貧、防火、新田開発など諸方面にわたる意見が施政に採用され、享保以降においても幾多の効果を示す事例が知られている。[辻 達也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

めやす‐ばこ【目安箱】

〘名〙 広く庶民の要求や不満などの投書を受けるために設けられた箱。古く、戦国時代には置かれていたというが、享保六年(一七二一)、徳川八代将軍吉宗によって、評定所の門前に置かれ、庶民の利用を奨励した。諸役人の非行を正し、行政の厳正をはかるのに役立った。幕府にならってこれを置いた藩もあった。訴状箱。
甲陽軍鑑(17C初)品一七「御陣留主には、御蔵の前衆、目安をうけとり、目安箱(ハコ)に入置也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

目安箱の関連情報