コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冬の日 ふゆのひ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

冬の日
ふゆのひ

江戸時代中期の俳諧集。山本荷兮 (かけい) 編。1冊。貞享1 (1684) 年刊。『俳諧七部集』の一編松尾芭蕉が『野ざらし紀行』の旅のとき,名古屋で,荷兮,杜国,野水,重五,正平らとつくった歌仙 5巻と表句6句を収める。荷兮は名古屋の医者で,このとき蕉門に入り,ほかに『春の日』『阿羅野』も編んでいる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふゆのひ【冬の日】

俳諧撰集。荷兮(かけい)編。1684年(貞享1)冬成立。刊行は翌年春か。1冊。野ざらし紀行(《甲子吟行》)の旅の途中の芭蕉が,名古屋でその地の俳人とともに成した作品。荷兮編だが,芭蕉の強い指導の下に成ったと思われる。〈狂句こがらしの身は竹斎(ちくさい)に似たる哉〉(芭蕉),〈はつ雪のことしも袴(はかま)きてかへる〉(野水),〈つつみかねて月とり落す霽(しぐれ)かな〉(杜国),〈炭売のをのがつまこそ黒からめ〉(重五),〈霜月や鸛(こう)の彳々(つくづく)ならびゐて〉(荷兮)をそれぞれ発句とする歌仙5巻と,〈いかに見よと難面(つれなく)うしをうつ霰(あられ)〉(羽笠)を発句とする表六句を収める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ふゆのひ【冬の日】

日の短い冬の一日。また、冬の太陽や日ざし。 [季] 冬。

ふゆのひ【冬の日】

俳諧撰集。一冊。山本荷兮かけい編。1685年刊。「野ざらし紀行」の途次、芭蕉が尾張の連中れんじゆうと巻いた歌仙五巻を収める。蕉風を確立した書。俳諧七部集の一。尾張五歌仙。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

冬の日
ふゆのひ

俳諧撰集(はいかいせんしゅう)。一冊。荷兮(かけい)編。題簽(だいせん)「冬の日 尾張五哥仙(おわりごかせん) 全」。1685年(貞享2)刊。「俳諧七部集」の第一集。84年10月から11月にかけて、「野ざらし紀行」の途次、名古屋に立ち寄った芭蕉(ばしょう)と尾張の連衆野水(やすい)、荷兮、重五(じゅうご)、杜国(とこく)、正平(しょうへい)、羽笠(うりゅう)らによって興行された歌仙五巻、および追加の表六句よりなる。書名は、各連句の発句(ほっく)がいずれも冬の季であるところより由来。各発句とも詞書(ことばがき)を有し、とくに巻頭の芭蕉発句「狂句こがらしの身は竹斎に似たる哉(かな)」は、風狂のポーズの著しいもので、それに応じ連句全体も詩的緊張に満ちた表現をとっている。本書は漢詩文調から脱して新しい俳諧の世界を開拓したもので、そこに蕉風の第一歩が確立されたといえよう。[雲英末雄]
『中村俊定校注『芭蕉七部集』(岩波文庫) ▽同校注『日本古典文学大系45 芭蕉句集』(1962・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の冬の日の言及

【春の日】より

…発句数の多い作者は越人(9句),荷兮(8句),重五・杜国(各5句)らであり,芭蕉の句は〈古池や蛙飛び込む水の音〉をはじめ,3句収められている。1684年(貞享1)冬に成立し,翌年春に刊行され,蕉風俳諧出発の書とされる《冬の日》(荷兮編)の後編または姉妹編と考えられている。《冬の日》にみられた技巧的,誇張的な傾向が薄らぎ,比較的平易でおだやかなものとなっている。…

※「冬の日」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

冬の日の関連キーワードH. スミルネンスキハロー・グッドバイ高橋羽笠(2代)言い捨て・言捨て冬晴れ・冬晴黄華庵升六杉江 重英梶井基次郎柏木隆太暮れ易い宮沢武曰坪井杜国加藤重五上田万秋双六打ち岡田野水かげろう暮れ早し認める『土』

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

冬の日の関連情報