荷電共役変換(読み)かでんきょうやくへんかん(英語表記)charge conjugation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

荷電共役変換
かでんきょうやくへんかん
charge conjugation

量子力学において,粒子とその反粒子を入替える変換。C 変換ともいう。たとえば,電子と陽電子,陽子と反陽子,π+ 中間子と π- 中間子,Λ 粒子と 粒子の入替えのことをいう。ただし,π0 中間子や η 中間子などはそれぞれ自分自身に変換される。現在までの実験結果によれば,この変換に関して強い相互作用と電磁相互作用は不変であるが,弱い相互作用は不変でない。粒子とその反粒子の波動関数 (または場の演算子) をそれぞれ ψ および ψc とするとき,この変換は ψ と ψc を入替える演算である。荷電共役変換に関して,二成分ニュートリノの波動方程式は不変でないが,他の素粒子が従う波動方程式は不変である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かでんきょうやくへんかん【荷電共役変換】

場の理論で、粒子と反粒子を入れ替える変換。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android