荷電共役変換(読み)かでんきょうやくへんかん(英語表記)charge conjugation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「荷電共役変換」の解説

荷電共役変換
かでんきょうやくへんかん
charge conjugation

量子力学において,粒子とその反粒子を入替える変換。C 変換ともいう。たとえば,電子と陽電子陽子反陽子,π+ 中間子と π- 中間子,Λ 粒子と 粒子の入替えのことをいう。ただし,π0 中間子や η 中間子などはそれぞれ自分自身に変換される。現在までの実験結果によれば,この変換に関して強い相互作用電磁相互作用は不変であるが,弱い相互作用は不変でない。粒子とその反粒子の波動関数 (または場の演算子) をそれぞれ ψ および ψc とするとき,この変換は ψ と ψc を入替える演算である。荷電共役変換に関して,二成分ニュートリノの波動方程式は不変でないが,他の素粒子が従う波動方程式は不変である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android