コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒユ

デジタル大辞泉の解説

ひゆ【×莧】

ヒユ科の一年草。高さ約1メートル。葉はやや菱形で互生し、緑・紅・暗紫色のものなどがある。夏から秋、緑色の小花を密につける。葉は食用になる。インドの原産。ひょう。ひょうな。 夏》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひゆ【莧】

ヒユ科の一年草。インド原産といわれ、古く中国を経て渡来。茎は高さ約1メートル。分枝して菱ひし状または三角状卵形の葉を互生。夏から秋にかけ、球状に集まった黄緑色の小花が穂をなす。葉を食用とする。ヒョウ。ヒョウナ。 [季] 夏。

ひょう【莧】

ヒユの別名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

莧 (ヒユ・ヒイナ;ヒョウ)

学名:Amaranthus mangostanus
植物。ヒユ科の一年草,薬用植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

莧の関連キーワードテランセラヒョウナ紫犬莧生臙脂別名赤莧紫莧

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android