(読み)ひゆ

精選版 日本国語大辞典「莧」の解説

ひゆ【莧】

〘名〙 ヒユ科の一年草。インド原産で、古くから栽培されており、現在でも、ときに蔬菜として畑で栽培される。高さ約一メートル。葉は長柄をもち菱状卵形で緑・紅・暗紫色または紫斑のあるものなど変化が多い。夏から秋にかけ、茎頂および葉腋に、ごく小さな黄緑色の花が球状に密集してつらなった花穂をつくる。果実は楕円形で横に裂け、種子は黒褐色。漢名、莧。ひょう。ひょうな。ひゅう。ひゅうな。《季・夏》 〔本草和名(918頃)〕

ひょう【莧】

〘名〙 「ひゆ(莧)」の変化した語。〔いろは字(1559)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「莧」の解説

ひゆ【×莧】

ヒユ科の一年草。高さ約1メートル。葉はやや菱形で生し、緑・紅・暗紫色のものなどがある。夏から秋、緑色の小花を密につける。葉は食用になる。インドの原産。ひょう。ひょうな。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「莧」の解説

莧 (ヒユ・ヒイナ;ヒョウ)

学名Amaranthus mangostanus
植物。ヒユ科の一年草,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android